会社案内

アルメックスの取り組み

株式会社アルメックス
執行役員 ロジスティクスサービスソリューション本部長
鶴丸 康一

――アルメックスの製品やサービスについて教えてください。

アルメックスは、医療施設やホテルなど種々多様な施設に求められる製品、そしてそれらを利用していくサービスを提供していますが、特に意識しているのは、それぞれの業態を知り、その運用を理解し、専用の製品やサービスを開発することが特徴です。そのためにも私どもはメーカとしての思考も持ち、お客様のみならず、そのお客様がその利用者様に喜んでいただけるような製品やサービスの創出をしていこうという想いを大切にしてきました。

その業態に必要なものは何か、もっと便利にならないかといつも問い続け、ホテルのフロントや医療施設のロビーに設置される自動精算機のみならず、客室や病床に設置されるVODシステムや課金用冷蔵庫など、その業種すべてを満足させる一貫した製品ラインナップを取り揃えております。

それだけに当社の製品がなんらかの障害により、運用が停止するようなことがあるとお客様に多大なご迷惑をおかけしてしまいます。その設置環境や運用方法に併せて、安心してお使いいただけるように企画、設計の段階から「マーケットイン」の意識を持って製品の企画・開発に努めています。 それに加えて、万全のアフターケア体制を整えていますので、安心して製品やサービスをご利用いただけると思います。

――アフターケアとして行っていることは何ですか?

お客様へのアフターケアとして最も大切にしていることは、お客様が困ったときにすぐにそれを解決することです。各業態に対してのサービス体制は様々ですが、24時間365日対応のコールセンター対応や修理が必要な時に実際に現場にお伺いして迅速に解決するための全国支店サービス網などです。

また、その際に必要となる補修用パーツは、ロジスティクスソリューション本部内の倉庫に保管し、その中でも緊急性の高い補修用パーツは全国支店に配備し、修理が必要な場合には、すぐに技術者が現場へと駆けつけ、お客様の業務になるべく支障が出ないよう、故障した際の修理もスピーディーに行うことを実践しています。

――サービス向上のための取り組みとして行っていることは何ですか?

常に質のよい製品やサービスを提供し続けていくためには、開発部門や製造部門だけが技術向上を目指すのではなく、さまざまな部門の社員同士が協力するべきです。ですから、私たちは会社全体で品質向上のために動き、高品質な製品やサービスをつくっていこうとしています。社員一人ひとりが同じ目標に向かっていく、そのための仕組みとして、品質に関する国際標準規格である「ISO9001」を取得しました。

アルメックスでは「ISO9001」のプロセスに則り、企画の品質、設計の品質、製造の品質、サービスの品質を、社員一人ひとりが意識し、製品やサービスの開発に活かしていこうという取り組みを行っています。取得することによって、もちろん社会的な評価を上げられればという狙いもありますが、一番の目的は、お客様が満足していただける製品やサービスを提供し続けていけるための会社全体のレベルアップです。ひとつのテーマに向かって社員一人ひとりが取り組むことで、全社員がひとつの方向へ向く。そして、全社員の心がひとつになる。それが、会社を変革していく上で一番大事なことであると考えています。

――アルメックスの製品づくりは、今後どのように変化していくのでしょうか?

当社もおかげさまで各業態でのシェアbP製品を多く生み出してきました。当社は小回りとスピード、そして個々のお客様に合わせたカスタマイズを武器として業界を勝ち残ってきました。近年は求められる機能の多様化、そして企業統治やコンプライアンスへの対応など社会的に求められる課題も多種多様に大きくなっています。これらに応えていくためにも自らが常にレベルアップしていく、「ISO9001」認証取得はそのためのひとつの手段でしかありませんが、これら一丸となった取り組みによって、必ずその目標は達成できると信じています。

私たちの最終的な目標は、高品質の製品とサービスを通じて、医療施設やホテルのオーナー様のみならず、その先の利用者様にも心から喜んでいただくこと。だからこそ私たちは、時代に即した製品やサービスを追い求め、常に進化をし続けます。

そして、この先もずっと愛されていくために…。アルメックスは、これからもお客様が、長く安心して使っていただける製品やサービスを生みだし、その運用を支える品質管理とアフターサポートの充実に取り組んでいきます。

※ISO9001:ISO(国際標準化機構)による品質マネジメントシステムに関する規格