INTERVIEW 代表インタビュー
創立50周年。それは、
新たな飛躍に向けた始動の時。

アルメックスの創立50周年にあたり、代表取締役社長・馬淵将平が、長い歴史の中で培ってきた有形・無形の財産と、それらに支えられている「今」を見つめ、さらに次の50年、100年へ向けた抱負と決意を語ります。

株式会社アルメックス
代表取締役社長
馬淵 将平
Shohei Mabuchi
1972年11月生まれ。神奈川県横浜市出身。
早稲田大学卒。1995年に日本興業銀行(現・みずほ銀行)に入行し、2007年にゴールドマン・サックス証券に入社。2009年にUSEN常務執行役員CFOに就任し、2011年には同社取締役副社長に昇格した。2013年11月アルメックス代表取締役社長就任。USEN取締役副社長執行役員CFOを兼任。

アナログな現場で育んできた信頼と、
デジタルな思考と技術を融合し、より強靭な事業体へ。

―― 社長は金融業界の出身ですが、社長就任当初、アルメックスをどのような会社だと感じましたか?
金融の世界は、経営者やその会社の人材、事業性をしっかりと見る力が求められる一方で、データやロジック、合理性といった客観的な視点で企業の業績や信用力を評価することの多い、どちらかといえばデジタル志向が強い業界と言えるかもしれません。それに対して、現場に出向いて腕まくりしながらシステムや製品の販売・施工、メンテナンスを行うことでお客さまから信頼を頂いてきたアルメックスは、まさにアナログ志向の強い会社と言えるかもしれません。もちろん、現場主義によって半世紀にも及ぶ社歴を築いてきたことは、高く評価できますが、時代はつねに変化しています。世の中から求められる企業であり続けるためには、常にリノベーションとイノベーションを起こさなければなりません。そのためには心のこもった地道なアナログな活動に加え、デジタル思考での戦略的で合理的な判断力や、まさしく技術革新の中で生まれてくる新しいデジタル技術の積極的な活用が必要であると考えています。
私も机上で物事を見たり考えたりするだけでなく、お客さまや開発パートナーさまのいる現場に身を寄せて、そこから生まれるさまざまなニーズや、そこで抱えているさまざまな課題や問題を自分事として捉えたうえで、データ分析や原因解析をしっかり行い、在るべきソリューションや求められる新製品・新サービスを打ち出していくといった、アナログ活動とデジタル思考の融合を図っていきたいと思っています。アルメックスが培ってきた底力のある現場対応力や人間力に、論理的思考性や事業展開の戦略性を組織的に植え付けていくことで、当社はより強靭な事業体になれると信じています。
―― 具体的に、現在どのような活動を行っていますか?
2015年から2017年までの中期経営計画(前期)を策定し、その実践に取り組んでいるところです。これは、訪日外国人が確実に増えることが期待される2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、大きなチャンスを掴みとる壮大なプロジェクトの序章と言えます。
アルメックスは、業界のリノベーターでありイノベーターとして、私たちの事業領域における「断トツ・No.1プレーヤー」、そしてお客さまの「ベストオペレーションパートナー」となることを目指しています。そこで、中期経営計画(前期)には、(1)持続的な競争優位性の追求(安定性)、(2)市場変化に先立つ事業変革への挑戦(ダイナミズム)、(3)事業基盤の強化・再構築(堅確性)の三つを事業戦略方針の柱に置いて、会社が一丸となってさまざまなリノベーションとイノベーションに取り組んでいくことを盛り込んでいます。
計画の実践にあたり、意欲的に新機種や新サービスのリリースを実施しています。特に、医療業界、ビジネスホテル業界、レジャーホテル業界、飲食業界に対し、お客さまにおける一層のIT化やエンタテインメント化をご支援する新商品・サービスを積極的に市場に投入してきました。それも、従来にはなかったスピード感をもって、今まで着手していなかった挑戦を果敢に行っています。まさにアナログで育んだお客さまの信頼と高い市場シェアを誇る事業基盤をベースに、デジタルの技術やノウハウ、戦略思考を駆使して新たなビジネス領域を切り拓く、これからのアルメックスが目指す姿を早速体現すべく、進化・変革しているところです。

大手メーカーとは一線を画する、
お客さまの声に即応するソリューションをご提供。

―― 創立からの50年間を振り返ってみて、アルメックスはどんな企業と言えますか?
先ほどアナログ志向とお話ししましたが、これまでは「超」がつくほどのスーパードメスティック(家庭的で国内志向)な集団でした。人間味のある野武士集団とも言えるし、あるいは「とにかくお役に立ちたい」とお客さまのもとをわたり歩く武器商人というイメージでしょうか。
商人は、お客さまに評価される製品やサービスを継続的にご提供しなければ、いずれ成り立たなくなります。そのために今後は、事業の戦略性やプロダクツ戦略、市場に投下していく際のバリューチェーンの強化などを体系的に行って、デジタル志向を強化し、お客さまにとっての付加価値や当社による生産活動の費用対効果などをしっかりと可視化していく必要があります。もちろん優れた製品やサービスのご提供を支えるのは、地道な保守やメンテナンス、カスタマイズ対応で長い時間をかけて築きあげた信頼関係にあると思っています。アナログ的な武器商人、野武士集団が真摯に自分の仕事と向き合って現在の礎を形作ってきたからこそ、デジタルという現代の神器、新しい武器を手にすることで、一層お客さまのお役に立てるプロフェッショナル集団になれると信じています。
―― 経営に関しては、独自のスタイルがあるのでしょうか?
アルメックスの製品やサービスをご利用いただいているお客さまの業務効率を向上し、さらにその先にいるエンドユーザーに高水準の利便性をお届けするべく、私たちは「スマイルカーブ経営」の強化に取り組んでいます。川上の商品企画・開発と、川下の営業・メンテナンスに当社の経営資源を注力し、中間部分の製造・生産については外部の戦略パートナーのリソースを積極的に活用させていただくということです。グラフで表すと、川上と川下が高く、中間が低いなだらかなカーブとなります。企画・開発と営業・メンテナンスにリソースを集中させることで、お客さまや市場の声を反映させたマーケットインの迅速なビジネス展開が可能になると考えています。
一方で、既存の技術を組み合わせ、お客さまそれぞれのニーズにお応えする製品づくりのノウハウを培ってきました。実際のところ、製品の大半はカスタマイズを施したセミオーダー品となっています。その点が、マスプロダクトによる自社の汎用品を納品する大手メーカーとの決定的な違いと言えます。お客さまに最適な製品、真に喜んでいただけるソリューションをご提供することこそが、アルメックスのこだわりでありプライドなのです。

社会に求められる企業であり続けるために、
四つのキーワードで次世代を創造。

―― 50周年から先の未来へ向けて、どのような領域に注力する方針でしょうか。
キーワードは四つあります。新市場の開拓・創出(Market)、グローバル化(Global)、未来への挑戦(Future)、そして最先端技術の導入・開発(Technology)です。
まずは、「新市場の開拓・創出」。アルメックスがトータルソリューションを提供できる機会は、従来のようなホテルや病院、飲食店、ゴルフ場に限らず、人と人とが行き交うあらゆる場所や空間にあると考えています。たとえば交通機関や娯楽施設、小売店舗などにある発券システムを高度化することで、省人化や利便性の向上をお手伝いできます。そのような新市場へ事業を拡大するために、多様な業種・業界の方々と協業させていただきながら、新しい化学反応(ケミストリー)を生み出していきます。
次に、「グローバル化」。すでに、マレーシアに現地法人「ALMEX SYSTEM TECHNOLOGY ASIA」、通称ASTAを設立して東南アジア事業を展開しています。日本が誇る「OMOTENASHI」の心=ホスピタリティとテクノロジーの融合サービス、すなわち効率的で利便性の高いオペレーションシステムやその仕組みといった日本に長く根付いている文化や価値そのものを海外の皆さまにもお届けしていくために、その第一歩として世界が注目する東南アジア市場にアルメックス初となる海外拠点を開設しました。
もう一つが、日本国内におけるインバウンド対策です。急増する訪日外国人に向けて、レジャーホテルの情報を発信するポータルサイト「Loveinn Japan」をリリースしました。いま新たな宿泊ビジネスとして「民宿」が話題となっていますが、従来はそのような旅行客をターゲットにしてこなかったレジャーホテルもインバウンドの受け皿として注目を集めています。レジャーホテルは、アルメックスが自動精算機や業務管理システムなどを担ってきた事業領域の一つであり、その魅力を熟知した当社がレジャーホテルの文化や歴史、利用時のルールなどの情報を海外へ発信していくサイトとなっています。もちろんビジネスホテル業界や飲食業界に向けても、インバウンド需要の取り込み支援を意識した事業展開や製品提供に着手しています。
そして、三つ目のキーワードは「未来への挑戦」です。これは、「テクノロジー」と「ホスピタリティ 」を高い次元で融合する「テクノホスピタリティ」の実現です。
―― デジタルとアナログの融合というお話は先ほどから出ていますが、実際にどのようなソリューションを提供するのでしょうか?
たとえば、ホテル・病院に向けたAI搭載のソーシャルロボットの事業化です。ますます人手不足と生産性の改善が求められる社会産業構造の中で、ホテルマンや医師、病院スタッフの業務効率を一層高めることをご支援するためにロボットを活用したり、宿泊客や患者さまの受付サポートの充実や外国人の方々への通訳や情報案内などをご提供したりすることで、人手に依存することなく高度なテクノロジーを駆使することにより本当の意味での「おもてなし」を体現するソリューションをお届けできるものと大いに期待しています。
そして、最後に「最先端技術の導入・開発」。トータルオペレーティングシステムの豊富なノウハウと実績を持つアルメックスが、最先端の技術で生み出した創造的な製品を駆使し、トータルソリューションをお届けしていきます。たとえば、病院では受付、診療、投薬、会計、精算までの従来の連続的な効率化オペレーションシステムのご提供に加えて、デジタル技術を活用したオンライン会計・決済スキームやスマート・ハイテク構想を実現する製品開発とプラットフォームづくりに向け果敢に挑戦していきます。レジャーホテル、ビジネスホテル、そして今後市場拡大が予想される簡易宿泊ホテルなどホスピタリティ業界に対しては、E-STAYシステム(Easy、Express、Economy)のコンセプトのもと、マルチペイメント機能を搭載した次世代精算システム、利便性や安全性を兼ね備えたスマートキーデバイス、さらにはクラウドを利用した売上管理・顧客管理・業務管理・集客対応アプリケーションや次世代PMSの開発によってイノベーションを巻き起こしていきます。FinTech、IOT(E)、M2Mなど、日進月歩を超えて秒進分歩で進化する技術革新の本質的な潮流を見失うことなく、お客さまや社会から求められるテクノロジー×ホスピタリティをお届していく所存です。
―― 最後に、アルメックスの次なる50年について一言お願いします。
50周年はあくまで通過点に過ぎません。次の50年、そして100年も、私たちの揺るぎない財産である底力のあるアナログ的な人間力をぶらすことなく守り継承していくとともに、デジタルな思考と技術を積極的に取り入れて融合し、私たち自身がまず進化・成長し続けることで、社会から求められ続ける企業でありたいと思います。
私たちがお客さまの裏方として頑張り続けることで、人が行き交うさまざまな場所や空間で人々のコミュニケーションが一層深まり、それによって世の中が少しでもよくなり、心の豊かさも保たれるのであれば、私たちにとってこれ以上の喜びはありません。
―― テクノホスピタリティを世界へ。