導入事例CASE

ゴルフ場自動精算機 TEX-2900Gの導入で、受付&精算業務を効率化。

自動精算機で来場時の受付も自動化へ!
スタッフも余裕を持ったお客さま対応が可能に。

main
尾道カントリークラブ 代表取締役 谷 博康 様 総支配人 梶間 勇人 様 総務部長 石森 正夫 様

広島県の中東部に位置するゴルフ場 尾道カントリークラブ様。宇根山南麓一帯に広がる丘陵コースで、特に夏場は涼しく高原ならではの心地よさを感じながらのプレーが楽しめます。今回、ゴルフ場自動精算機「TEX-2900G」を導入いただき、プレー後の精算だけでなく、入場時の受付も自動化。導入後の効果やスタッフ、お客さまの反応などについて伺いました。

ロケーション

尾道カントリークラブ

市街地に比べてマイナス4℃、標高630mのコースでプレイできる尾道カントリークラブ。 尾道の高原ならではの心地よさと快適さを感じられるゴルフ場です。

〒722-1122 広島県世羅郡世羅町大字小世良10691-15
TEL : 0847-22-2311
URL : http://www.occ-uneyama.com

尾道カントリークラブ様の特徴や魅力についてお聞かせください。

当クラブは昭和50年7月に開場し、今年で46年目を迎えます。広島県の宇根山という標高630mの高地にあり、夏でも涼しくプレーを楽しめるのが魅力です。コースの特徴としては、最大高低差50mの打ち下ろしをはじめとしたアップダウンや、小川や池などを巧みに取り入れた戦略性の高い設計がされており、何度でも挑戦したくなる作りとなっています。ジュニアスクールも開催しており、初心者の方にも適度な難易度となっておりますので、老若男女、多くのお客さまにお楽しみいただいています。

お食事も大変好評と伺いましたが、どのようなこだわりがあるのでしょうか?

レストランはコース側をガラス張りにし、開放感のある広々としたホールでお食事をお楽しみいただけます。特に土曜日、日曜日、祝日はバイキングをご提供しており、お客さまから大変好評をいただいています。メニューは幅広い年齢層の方が楽しめるよう、季節によって入れ替えながら約40種類ご用意しております。人気は「にぎり寿司」「ステーキ」、そしてなんと言っても「尾道ラーメン」です。レストランはコースでプレーされる方だけでなく、お食事のみのご利用も受け付けております。

尾道カントリークラブ様ではアルメックスのゴルフ場自動精算機 TEX-2900Gを導入されていますが、導入の背景についてお聞かせください。

自動精算機を導入したのは1年ほど前になります。他のゴルフ場でも導入されているところが増えてきており、当クラブでも精算時にお客さまをお待たせしないよう、よりスムーズなオペレーションを実現したいと思い、自動精算機を導入することにしました。

数ある自動精算機の中からアルメックスのTEX-2900Gを導入された理由をお教えください。

松本健輔 様 フォト アルメックスさん以外にも色々なメーカーの自動精算機を検討しました。実際に自動精算機を導入されているゴルフ場へ行って、使いやすさや大きさ、見た目のデザインなど確認したうえで、アルメックスさんのものに決めました。最大の決め手は画面の見やすさ、操作のわかりやすさ。これならスタッフもお客さまも迷わず扱えると思いました。自動精算機の導入を検討しはじめてから設置するまでは1年くらいかかりましたが、アルメックスさんに決めてから実際に設置されるまでは2ヵ月ほどしかかからず、とてもスムーズに対応していただけました。現在はTEX-2900Gを2台設置しております。

TEX-2900Gを活用し、新たに受付業務も自動化されたと伺いました。

1年前にアルメックスさんの自動精算機を導入した際は精算のみを自動化する形でした。しかし、ご来場いただいてからお帰りいただくまでの流れを見たときに、精算と同じく受付も効率化できたら、よりスムーズにプレーをお楽しみいただけると思っていました。そんな時、アルメックスさんからも受付自動化のご提案をいただき、今回新たにお客さまによるセルフチェックイン機能も追加していただくことにしたのです。

受付業務と精算業務、自動精算機の導入前後でどのように変わったのでしょうか。

これまでは、①お客さまがWEBでご予約、②プレー当日ご来場いただいた際にフロントでビジター用名簿に住所や氏名などをご記入、③スコアホルダーをお渡しする、④プレー後にスコアホルダーをフロントに返却いただきご精算、という流れでした。

①のWEBでのご予約は変わりませんが、②は当日ご来場時にフロントではなく自動精算機でお客さまのご予約内容をご自身でご確認いただくことができ、お手間をおかけしていたお客さま情報の記入が必要なくなりました。③スコアホルダーについては、精算機横にあるものをご自身で取っていただき、精算機のセンサーにかざすことでお客さまとスコアホルダーを紐付けする仕組みになっています。お客さまが操作にお困りの際はスタッフがサポートすることもありますが、一度ご説明させていただくと次回からはスムーズにご利用いただけています。④の精算についてはとてもシンプルで、プレー後お帰りの際にスコアホルダーを自動精算機にかざしていただくと金額が表示され、現金やクレジットカードなどのお支払い方法をご選択いただきセルフでご精算いただく流れとなります。

運用されているスタッフの方々の反応はいかがでしょうか?

受付業務、精算業務ともに効率的になったと感じています。それぞれの業務に割く時間が短くなり、スタッフにも余裕ができました。特に、現在のコロナ禍においては今まで以上に施設の隅々まで除菌・消毒の徹底が必要となっており、スタッフの負担は大きくなっています。そうした中で、アルメックスさんの自動精算機を導入して業務負担を少しでも軽減できたのは良かったと思っています。

今回導入したゴルフ場自動精算機で、尾道カントリークラブ様用にカスタマイズした点はありますか?

当クラブ専用にということではありませんが、ポイント運用にも対応していただきました。当クラブをご利用いただいた際に付くポイントを貯めたり、精算時にご利用いただいたりということも、フロントを介さず自動精算機のみできるようになっています。

今後の自動精算機の活用について考えていることはありますか?

当クラブでは電子マネーPayPayでのお支払いが可能となっていますが、現在はフロントでのみの対応としております。アルメックスさんの自動精算機もPayPayに対応できるということなので、今後お客さまのご利用率を鑑みながら電子マネー機能の追加を検討していきたいと思っています。あとは、まだ自動精算機での受付に慣れないお客さまも多いので、オペレーションの改善やお客さまへの周知に取り組みながら、さらなる業務の効率化とお客さまへの快適な環境の提供に努めてまいります。

取材日2021年8月4日