製品・サービス

2021年3月より始まる「オンライン資格確認」対応 
マイナンバーカードを利用した
顔認証付きカードリーダー『マイナタッチ』リリース

株式会社 アルメックス

USEN-NEXT GROUPの株式会社 アルメックス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:馬淵 将平)は、2021年(令和3年)3月より運用が開始される「オンライン資格確認」に対応した顔認証付きカードリーダー『マイナタッチ』をリリースいたします。本製品は、社会保険診療報酬支払基金より、マイナンバーカードを利用したオンライン資格確認対応の顔認証付きカードリーダーとして認証を受けた機器で、医療機関や薬局などの受付時の本人確認や健康保険証確認に活用できるものです。


「オンライン資格確認」は、患者様の資格情報の自動取得など、医療機関や薬局の受付業務の簡便化を図るために、厚生労働省が推進している取り組みで、マイナンバーカードのICチップまたは健康保険証の記号番号などにより、オンラインで資格情報の確認が可能になる仕組みです。

今回、アルメックスがリリースした『マイナタッチ』は、マイナンバーカードの顔写真データをICチップから読み取り、その顔写真データとマイナタッチで撮影した本人の顔写真とを照合して本人確認を行うことが可能で、最新の保険資格を自動的に医療機関システムで取り込むことができます。

製品の開発にあたっては、顔認証カードリーダーに求められる高い水準を満たした顔認証機能を搭載していることはもちろん、直観的でわかりやすい画面設計と、受付スペースを考慮したコンパクトなサイズに8インチの大画面を採用するなど、高齢者やお子様、車いすの方など、医療機関を訪れる全ての方が迷わずにお使いいただける使いやすさを目指しました。端末のカラーもスペースグレイとホワイトの2色を採用しているため、施設内の雰囲気に合わせることが可能です。また、マイナタッチ最大の特長は、マイナンバーカードによる資格確認と同時に、「ひとり親家庭等医療証」や「こども医療費受給者証」などの紙の公費医療券や各種証明書を読み取れることです。この独自機能を備えていることで、有人窓口で対応する必要がなく、人手不足が深刻化している医療現場の省人化、業務効率化を実現することが可能となります。

『マイナタッチ』の特徴

LINKサービスサイト

・紙の公費医療券や各種証明書等の読み取り
・業界最大級といえる8インチの大画面
・マスクやメガネ装着時の顔認証も可能
・2.5D赤外線カメラで可能となったなりすまし防止
・お子様や車いすの方でも使いやすい設計
・1台のパソコンで複数台の管理が可能
・Windows10Proでも使用可能

メールでのお問い合わせ

アルメックスは、これまでも大病院をはじめ約2000件の医療機関に再来受付機や診療費自動精算機などの省力・効率化システムを提供してまいりました。受付から会計まで、窓口業務のトータルソリューションを提供してきたノウハウを生かしこの度の製品開発を実現しましたが、現在稼働中の再来受付機にマイナタッチを取り付けることも、順次対応を行っていく予定です。マイナタッチにより、受付時の資格確認を、簡単・安全・スピーディーに行うことが可能になります。

お問い合わせ

【報道関係者からのお問い合わせ先】
株式会社 USEN-NEXT HOLDINGS
広報部 清水、奥川
TEL:03-6823-2010

LINKお問い合わせフォーム