導入事例

CASE

Customer’s Voice

医療施設と高齢者向け住宅を併設した、
複合型施設・倉敷スイートタウン。

“チーム医療”の精神を大切に、地域の皆様へ向けた新しい取り組みを進めていきます。

第2回

倉敷スイートホスピタル

理事長 江澤 和彦 様
診療情報管理室 診療情報管理士 山本 渉 様

地域包括ケアシステムに取り組み、医療施設と高齢者向け住宅を併設した複合型施設・倉敷スイートタウン内にある倉敷スイートホスピタル様。天井が吹き抜けになっている広々としたロビーには、ピアノが置かれていたり、色とりどりの花が飾られていたりと、まるでホテルのように上質な空間が広がっています。2012年に新設された際に、新しい取り組みとして自動精算機や自動再来受付機、診察案内表示システム会計案内表示システムなどを導入されました。開院されて約4年、その導入効果や今後の取り組みについてお話を伺います。

倉敷スイートホスピタル
ロケーション

倉敷スイートホスピタル

〒 710-0016 岡山県倉敷市中庄3542番1
TEL 086-463-7111(代)
URL : http://sweet-town.jp/

――倉敷スイートホスピタルとは、どのような病院なのでしょうか?

当病院は、2012年に新設した倉敷スイートタウンの中の一施設です。倉敷スイートタウンは、高齢者向け住宅と医療施設を同じ施設の中に併設することで、病院という場でありながら常に人が行き交うコミュニティタウンになっています。施設内には、病院と高齢者向け住宅の他にカフェやコンビニ、フレンチレストランにビューティーサロン。その他にも、展望風呂やカラオケ・シアタールームなどを完備しています。また、倉敷スイートタウンは24時間体制なので、入院患者様のご家族がいつでも面会にいらっしゃることができるのも特徴のひとつ。24時間365日、私たちが質の高いホスピタリティーを提供していくことで、患者様に居心地よく過ごしていただきたい。そして、ご家族の方や地域の方も自然と集まってきてくださる、そんな場所を目指しています。

――江澤様は、どのような想いで倉敷スイートタウンをつくられたのですか?

経営者になる前は、年に240回の当直勤務をこなし、そのうち半分ほどは広島県内の大病院で当直勤務をしていました。この病院は市で唯一の救急病院だったので、同時に救急車が3台着くこともあるほど忙しい日々でしたが、おかげで数多くの症例に関わることができ、医師として充実した毎日を送っていました。その後、経営者になってからは病院全体のことを把握できるように経営やマネジメントから、看護や介護、リハビリや栄養学などさまざまな勉強をして、医師としてのスキルアップを図っていきました。でも、そのうちにふと思いました。たとえば肺炎の患者様がいたとして、私たちはこの方に対して検査を行い、診断をして、点滴や抗生剤を投与して終わり。果たして、その先は誰が支えるのだろうかと。そこから、患者様が健康な生活に戻るためのサポートもしていける複合型の医療施設をつくろうと思いました。

machine

倉敷スイートタウン内にある高齢者向け住宅のそれぞれのお部屋には、緊急呼び出しボタンがあって病院のドクターや看護師と直接話をすることができます。リハビリテーションのスタッフも連携しているので、患者様一人ひとりに合わせた治療後のリハビリ療法ができる環境も整っています。ドクターや理学療法士、介護士など多くのスタッフが連携する“チーム医療”の場を実現することで、患者様を長い目でサポートしていく施設をつくることができたと思っています。

――自動精算機や自動再来受付機の導入を検討された、きっかけについて教えてください。

倉敷スイートホスピタル内装

病院を新設する際に、電子カルテを取り入れることになりました。それに合わせて、自動精算機や自動再来受付機といった患者様をご案内するためのシステムも積極的に取り入れようということになり、アルメックスさんに相談しました。自動精算機や自動再来受付機、診察・会計案内表示システムといった製品の導入を決めてからは開院まで時間がなかったのですが、担当の方は工事現場にまで来てくださって、患者様の動線を考慮したシステムの設置場所をアドバイスしてくださいました。私たちにとっては何もかもが初めてのことでしたので、アルメックスさんの存在は本当に頼もしかったですね。

――製品を導入された際に、こだわられた点はありますか?

person being interview

当病院のイメージカラーに合わせて、自動精算機や自動再来受付機、診察券や診察・会計案内表示システムの背景まで、導入したシステムはすべて桜色にカスタマイズしてもらいました。当病院は、患者様にゆったりとくつろいでいただけるよう、ホテルのような上質な空間を目指しています。たとえば、従来の病院の診察室のベッドはドクターが患者様を診やすいように少し高さがあることが多いのですが、お年寄りの方や足の悪い患者様にとっては不便ですよね。そうしたところから一つひとつ見直して、患者様がリラックスできるような空間づくりをしています。ですから、その空間を崩さないように、掲示物などもなるべく貼りたくないという想いがありました。そこで、掲示物の代わりに診察案内表示システムの画面に、病院のインフォメーション情報やニュースをテロップで流してもらうことにしました。

――開院されて、約4年。自動精算機を始めとした製品の導入効果はいかがですか?

当病院の患者様はご高齢の方が多いのですが、皆様スムーズに操作されていますね。時々、診察待ちや会計待ちの案内表示システムにご自身の番号が表示されていることに気づかない患者様もいらっしゃいますが、システムと連動しているので、フロア全体を見ているスタッフがすぐに気づいて声をかけることができます。患者様をお待たせすることもないですし、スタッフの手間の軽減にもつながっています。

また、当病院では冬になるとインフルエンザの予防接種で来院される方が普段の4倍近くいらっしゃるのですが、その時は2台の自動精算機に大行列ができます。もしも自動精算機がなかったらと考えると…ちょっと、ぞっとしてしまいますね。あの時、導入を決めて本当によかったと改めて思います。

――今後、倉敷スイートホスピタルは地域の方々にとってどのような存在になっていくのでしょうか?

倉敷スイートホスピタルは、今は成長段階にあります。地域の方々のためにやれることは、まだまだあるはずです。そのひとつの取り組みとして、まずは認知症の方や地域の方が気軽に集まることができる“オレンジカフェ”を始める予定です。このカフェが、認知症の方やそのご家族をサポートするための場になればと考えています。

person being interview

それから、今まで蓄積されてきた膨大な量の臨床データを活かして、世の中に役立つような治療をもっと提供していけたらいいですね。それこそが、支えてきてくださった地域の方々への恩返しになるのではないでしょうか。今後も地域の方々と触れ合いながら、ともに歩んでいき、近隣の皆様にとって第2の我が家のような存在になれたらと思っています。

倉敷スイートホスピタル導入機械 倉敷スイートホスピタル導入機械 倉敷スイートホスピタル内装 倉敷スイートホスピタル内装 倉敷スイートホスピタル導入機械 倉敷スイートホスピタル内外装
取材日2016年9月16日

ご質問・ご相談はこちら

経験を活かし、お客様に合わせたご提案をさせていただきます。
お気軽にお問い合わせください

お問い合わせフォーム

メディコム事業部:050-5811-6358(平日9:30~18:00)