会社案内

アルメックスの取り組み

株式会社アルメックス
取締役 常務執行役員 イノベーション事業部長
青木 和孝

――アルメックスとはどんな会社ですか?

私たちは、ホテルや医療施設、外食店舗やゴルフ場などさまざまな業界のお客様へ向けて、ソリューションを提供する会社です。工場を持たないファブレス企業であることや、事業部ごとに小回りのきく開発体制を整えていることで、市場の変化に素早く対応したサービスを提供することができます。

もちろん、品質とサポート力はどこにも負けないと自負しており、医療施設向けの医事系製品・自動精算機に、レジャーホテル向けの管理システム・自動精算機、ゴルフ場の自動精算機の導入において、トップシェアです。ありがたいことに、それらの製品やシステムを導入しているお店へ来店されたお客様が気に入ってくださり、「うちのお店にもアルメックスの製品を導入したい」というお客様も多くいらっしゃいます。おかげさまで来年は、創業50周年を迎えます。

――どのような姿勢でお客様にサービスを提供していますか?

私たちは、使う人のストレスを軽減したいという姿勢でお客様にサービスを提供してきました。そうして結果的に、来店されたお客様が快適だと感じてくださればと思っています。それでも、快適さの基準は人によって違いますよね。ですから、人が快適と感じるものは何なのか、しっかりとニーズを汲み取った上で、さらに付加価値をつけたサービスを提供しています。

例えば外食店舗の場合、要望に合わせてテーブルトップオーダー端末のデザインをカスタマイズしたり、そのお店の業務形態に合うPOSシステムを組み合わせることでスムーズな管理システムを実現しています。さらに、システムによって増えた自由な時間を来店されたお客様とお話する時間や、他の業務にあてるといった提案をして、多くの方に喜ばれてきました。ニーズを汲み取ることはもちろん、お客様を満足させるサービス力はどこにも負けません。特にイノベーション事業部では、多くの業界のお客様をサポートしてきた経験がありますので、あらゆるお客様の要望に添った提案ができると思います。

――イノベーション事業部の強みは何ですか?

イノベーション事業部は、さまざまな業界のお客様にソリューションを提供する部署として、新しい試みにチャレンジしていくことはもちろん、ニーズをしっかりと汲み取って、他社にはできないきめ細かい対応ができることが強みです。さらに私たちは、大手企業が引き受けにくい小ロット数でも受注できる体制を整えています。それこそ、当社がお客様に選ばれている理由のひとつなのです。

現在も、多くのお客様の相談をお受けしていて、新しいプロジェクトが次々に動き出しています。その中のひとつとして、ほとんど自動化がされていなかった業界に対して、業務の自動化をすすめるという新しい試みが始まっています。製品の機能やユーザーインターフェイスをカスタマイズすることで、業務効率化と省電力化を実現するシステムをつくろうという業界にとっても画期的な試みで、私たちの技術力で新しいソリューションを提案していきたいと考えています。

最近リニューアルしたテーブルトップオーダー端末〈MAXNAVI neo〉も、そんなサービスのひとつで、日々研究を重ねてよりよいソリューションのために機能をバージョンアップしたものです。今後も、さらにお客様の期待を上回るサービスをつくり出し、提案していきたいですね。

――今後のアルメックスの展望を教えてください。

全国各地の数多くのホテルや医療施設にソリューションを提供し、よりよい方向へと導いてきた当社ならではの提案力やカスタマイズ能力を生かして、お客様の抱えているさまざまな課題や問題をひとつひとつ解決していきたいと考えています。そのために、急速に変化していく市場の流れやニーズを常にキャッチして、時代の最先端の技術力やサービスでお客様をサポートし続けます。

例えば、混雑時に従業員の数が足りなくて困っている、業務に時間がかかって大変だというお客様は、一度相談していただきたい。

私たちは、お客様の要望を取り入れながら、さらにアルメックスならではの付加価値をプラスしたシステムや端末の提案をしていきます。そうして、誰もがストレスを感じることのない心地いい環境を日本中に広めていく。それがソリューション・プロバイダーである私たちの使命だと思っています。